Contents
  • 審美的な入れ歯
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • 顎関節症
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 内科的歯周病治療
  • レーザー治療
Contents
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • 後継者里親推進施設
お問い合わせ 0545-60-6480(ロクジュウまでムシバゼロ)

フォームでのお問合せ

携帯サイトQRコード
  • 中澤歯科医院 入れ歯専門サイト

顎関節症

最近「顎の音」、「顎の疲れ」、「口が開きづらい」などの症状を訴えられ、
来院する患者さんが多くなっています。
「日常のストレス」、「歯ぎしり、くいしばりによる顎の筋肉の疲労」、「強打などの外傷」、「虫歯による片側咬み」、「歯周病による歯のゆれに伴う咬み合わせの不安感」、「歯を抜いたままでの放置」など多種多様な要素が原因となります。まず、その一つ一つの要素を取り除きながら、症状の改善をはかることが治療の第一歩です。

どちらかというと、根本的な所を改善するというよりは、現状から少しでも日常生活の上での支障を少なくし、また、今の状況よりも悪くしない事、そして、改善した状態をできるだけ長く維持できる様にすることが主体となります。

マウスピースすなわち、対処療法がベースとなっているのです。
当院では治療の一環として保険にて、噛みこみ・食いしばりを 防止する『マウスピース』を作成しております。

費用は保険適応で6,000円前後となっております。
顎の状態をみて、作成時期を決定します。

顎関節症ご存知ですか?

こんな症状自覚ないですか?顎関節症(がくかんせつしょう)の三大症状です。

顎関節症とは、顎の関節や周囲の組織に現れる痛みや障害の事を言います。
顎を構成している筋肉・靭帯・骨のバランスが崩れる事によって発生すると言われています。
他にも、あくびや笑うといった普段の生活習慣や肉体的・精神的ストレスなどが症状を引き起こす原因となりますので日頃からの注意が必要です。

上記以外にも頭痛や肩こり、耳鳴りなどの症状が起きる場合もあります。
痛みはあまり感じる事はありませんが、そのまま放置しておくと外科手術を行うケースもありますので顎に異常を感じたら早めにご相談ください。

AがBまで移動した状況
・動く距離
・「C」の隙間等診断

▲ページの先頭へ

治療方法

ここでは、実際にどの様な流れで治療が進んでいくかをお話しましょう。

原因の究明
デジタルX線システムを用いた、顎関節機能撮影からの骨格的分析、咬み合わせのチェック、筋肉の緊張度の検査、痛みのある部位の特定、日常生活の問診等を行います。
咬み合わせの安定
生活習慣の中から悪影響を及ぼす因子を取り除き、 咬み合わせの安定をはかります。
疲労している筋肉のこりをほぐす
「特殊なマッサージ(マニプレーション)」や、高周波治療器を用いての 「筋肉組織の活性化」を行います。
マウスピースの製作
症状の改善が見られた時点で 「顎関節治療用マウスピース」の製作へと移行していきます。
定期的な検査
定期的な検査を行い、良好な状態を保っていきます。

▲ページの先頭へ

セルフケア方法

症状改善の第一歩は患者様自身のセルフケアです。
顎関節症の多くは、その病気の性質として安静にしていれば治っていく病気です。

例えばネンザの痛みが安静にしていれば改善するのと同じです。したがって、顎関節や周囲の筋に痛みがあるときには、まずセルフケアから治療を始めます。

顎の安静を保ちます
・ 柔らかい食事にしましょう
痛みが強い場合には、スープ、軟らかめのご飯、卵、ヨーグルトなど軟らかい食べ物に限定してみましょう。特に、長い間噛まなくてはならないものは避けましょう。
・ 顎をリラックスさせましょう
日中にくいしばりをしないように顎の力を抜き、いつも上下の歯を離しておきましょう。
くいしばっているのに気がついたら、ハミングするのも効果的です。
大きな開口は避けます
あくびの力をコントロールしたり、食事中や会話での大開口はさけましょう。
温湿布します
慢性の筋症状には温湿布を行います。
痛みのある患部に1日数回、1回あたり20分間お湯で温めたタオルをあてがいます。
もし痛みが増すようでしたら、直ぐに中止します。急性の症状には、冷湿布をすることもあります。
筋肉へのマッサージ
頬の部分のだるさや、口を開けたときの痛みやつっぱり感があるときには、頬の筋肉をマッサージしてみましょう。血行が良くなり、痛みが軽減します。
温湿布の後や入浴後が効果的です。
よい姿勢を保ちます
頭をもちあげて背を伸ばすようにします。
椅子に座るときは、腰を深くかけ背中を伸ばすようにします。
このとき、腰の上あたりに小さな枕やタオルを巻いてあてがうと、長時間の座りでも楽になります。
仰向けか横向きで寝ます
顎関節や首の筋肉に負担をかけないように、仰向けか横向きで休み、うつ伏せは避けます。
枕は低いもので、主に首の部分を支えるようにします。
開口練習をします
症状に応じて、医師の指示に従って開口練習をします。

ブログにて、顎関節症について書いていますのでそちらもご覧下さい。
>> ブログ【Dr.中澤のメディカルコラム】

▲ページの先頭へ

まずはお気軽にご相談ください 0545-60-6480(要予約)

フォームでのお問い合わせ

中澤歯科医院 〒416-0945 富士市宮島112-2 審美歯科・入れ歯・小児歯科・矯正歯科・顎関節症
受付時間
08:50〜11:45 / /
14:50〜18:15
※土曜13:50〜16:15
/ /
休診日 木曜日・日曜日・祝日・月1回土曜休診あり
不定期に午後休診あり (トップページ下部、もしくはトピックスのFacebookページで最新の休診日を確認できます)